鬼平江戸処

国営ひたち海浜公園を後にして、北関東道をひた走り、東北道へ。
利根川を渡って、埼玉県に入った所で羽生パーキングエリアに入ります。
そこは車が止まっているけど、江戸時代にタイムスリップしたような感じ。
実は2013年末に羽生パーキングエリアの上り線が、小説「鬼平犯科帳」をモチーフにしたリニューアルにより、「鬼平江戸処」となりました。
●鬼平江戸処(2014年5月2日撮影)
鬼平江戸処(1)/2014.5.2"
鬼平江戸処(2)/2014.5.2"
鬼平江戸処(3)/2014.5.2"
鬼平江戸処(4)/2014.5.2"
中はおみやげなどを買えたり、おいしいものを食べられたり…というパーキングエリアの本来の目的をカバーしていましたが、江戸名物としてくず餅なども売っていましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク