新潟東港で輸出を待つ205系

新日本海フェリー・フェリーしらかばは、15時頃に新潟港に寄港。
港の様子を見よう…とデッキに出ていたら、なんだか見慣れた電車が線路も何もないところに置かれているのが見えました。

●新潟東港で輸出を待つ205系(2015年5月3日撮影)
新潟東港で輸出を待つ205系(1)/2015.5.3
新潟東港で輸出を待つ205系(2)/2015.5.3

E233系8000番台の投入により、運用をはずれた南武線205系の6両編成(クハ205-19他)でした。
この車両を含めた南武線の205系はほとんどがインドネシアに譲渡されるそうで、船積みされるために新潟東港に置かれていたとのこと。
こんな形で線路のないところにある車両を見る機会はほとんどないので、見た時は驚きましたね。
インドネシアを含めた海外で日本の鉄道車両は重宝されているとのこと、この車両たちも末永く活躍してほしいものです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク