東京ミチテラス 2012/TOKYO HIKARI VISION

復原工事が完成した東京駅丸の内駅舎を使ってプロジェクト・マッピングと呼ばれる特殊な技術により、映像を駅舎に映し出す「東京ミチテラス 2012」の「TOKYO HIKARI VISON」。
21日から開催されていますが、23日に行く機会ができました。
●東京ミチテラス 2012(2012年12月23日撮影)
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(1)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(2)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(3)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(4)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(5)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(6)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(7)/2012.12.23
東京ミチテラス 2012・TOKYO HIKARI VISON(8)/2012.12.23
10分間にわたる美しい映像と音楽が調和したステキなショーでした。
しかし、丸の内南口改札を通る時にもびっくりしましたが、3連休中ということもあり、今まで見たことがないくらいのものすごい人出。
運良く繰り上げスタートとなった17時半頃の上演を間近で見ることはできたものの、18時の上演終了後には人が集まりすぎていて安全確保が難しいという理由でこの日の上演はすべて中止になってしまいました。
素晴らしい内容で、もう1回見たいと思えるほどの上演だっただけに、人の誘導方法を見直して欲しかったですね…。

スポンサーリンク
スポンサーリンク