東京都美術館「マウリッツハイス美術館展」

上野恩賜公園の中にある東京都美術館で、6月30日より始まった「マウリッツハイス美術館展」。
上野駅公園口を出た所にある東京文化会館にも、案内が出ていました。
マウリッツハイス美術館展の案内・東京文化会館/2012.7.6
その案内にしたがって、東京都美術館へ。
今年リニューアルが完了したそうで、そのこけら落としとなったのが「マウリッツハイス美術館展」だそうです。
東京都美術館/2012.7.6
マウリッツハイス美術館は、オランダ・ハーグにある美術館。
ハイスというのは、家を意味するとのことで、個人の邸宅を改装した美術館なのだそうです。
今年改修されることになり、展示物の一部が今回東京にやってきました。
皆さんの目を惹いているのが、ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」。
マウリッツハイス美術館展の案内・東京都美術館/2012.7.6
PRでは女優の武井咲さんがこの絵にあわせた衣装を着た写真が出ていましたね。
展示品の音声ガイドも武井咲さんが吹き込んだそうです。
「真珠の耳飾りの少女」は、人気が高くて、私が見に行った時もこれだけ15分ほど並んで間近で見ることができました。
350年~400年前の油彩画がずらりと揃っているのですが、どれも年数を経たとは思えないほど鮮やかな色彩を保っているのが印象に残りましたね。
9月17日まで東京都美術館で開催された後、神戸でも開催されるとのこと。
きっと多くの人の心をつかむように思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク