鶴見線 大川駅へ

ひょんなことで、鶴見線沿線に所用ができました。
所用を終えた15日の夕方、せっかくなので鶴見線でもっとも行きにくい駅、大川駅を目指します。
●鶴見線 大川行き/安善駅(2011年7月15日撮影)
鶴見線 大川行き/安善駅/2011.7.15
大川駅へ発着する電車は平日が1日9往復、土曜休日は1日3往復のみ。
走る時間も朝と夕方なので、思い立って乗りに行ける場所ではないんですね。
その昔は武蔵白石駅に大川行き専用のホームがあって、旧型国電のクモハ12型電車が行き来していたのですが、
鶴見線が205系化する際にこの直角カーブを曲がりきれなくなるため、ホームがなくなってしまったといういきさつがあります。
安善駅から4分ほどの乗車で大川駅に到着しました。
●鶴見線 大川駅(2011年7月15日撮影)
鶴見線 大川駅(1)/2011.7.15
鶴見線 大川駅(2)/2011.7.15
鶴見線 鶴見行き/大川駅/2011.7.15
15分程度の折り返しで、周辺の工場から帰る人たちを満載して、鶴見行きの電車は大川駅を出発。
都会の工場地帯のど真ん中にあるこの風景、ショートトリップするにはちょうどいい空間ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 風旅記 より:

    こんばんは。確かに大川へはちょっと計画しないと行きづらいですね。鶴見線は、都心からもちょっとの時間で行けるローカル線、気分転換には最高の路線です。車窓の工場や倉庫を眺めているだけでも楽しいですが、日本の製造業、頑張って欲しいなんて色々なことを考えてしまいます。
    また撮影に行きたいと思いはじめました。
    今後とも、宜しくお願い致します。
    風旅記: http://kazetabiki.blog41.fc2.com/?pc

  2. おつきさま より:

    風旅記さん、こんばんは。
    コメントありがとうございます。
    出かけていましたので、返信が遅くなり申し訳ありません。
    日本の製造業が集まるという点では、鶴見線はまさにその中を縫うように走る路線ですよね。
    海から見る工場夜景クルーズがブームになったように、車窓から見る工場の風景も話題になるといいのにな…と思ったりします。
    世の中にはステキな風景が満ちあふれていますので、一つでも多くそんな風景を見つけたいですね。
    URLを書いて下さってますので、後ほどブログをゆっくり拝見させて頂きますね。