杭全神社・平野郷夏祭り 2011

帰省の目的は地元での夏祭り♪
征夷大将軍を務めた坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)の子である坂上広野麻呂(さかのうえのひろのまろ)が開いた平野郷。現在の大阪市平野区にあたります。
平野にある杭全(くまた)神社では、毎年7月11日から14日まで夏祭りが行われます。
12日は九つの町のだんじりが昼と夜に町中を曳きまわり、夜中には南港通で「九町合同曳行」として九つのだんじりが一堂に会します。
鐘の音がのんびりとしている時はゆっくり動き、けたたましく響いた時は、大勢の人の手により、だんじりが急速にスピードをあげて行ったりきたりする光景は目に焼き付いて忘れられないもの。
そして13日の夜には、杭全神社へ1台ずつ宮入していきます。
スケジュールの都合で12日の曳行と九町合同曳行しか見ることができませんでしたが、子どもの頃の思い出がフラッシュバックしてくる素敵な時間を過ごせました。
●杭全神社・平野郷夏祭り(2011年7月12日撮影)
杭全神社・平野郷夏祭り(1)/2011.7.12
杭全神社・平野郷夏祭り(2)/2011.7.12
杭全神社・平野郷夏祭り(3)/2011.7.12
杭全神社・平野郷夏祭り(4)/2011.7.12
杭全神社・平野郷夏祭り(5)/2011.7.12
杭全神社・平野郷夏祭り(6)/2011.7.12

スポンサーリンク
スポンサーリンク