山陽・九州新幹線 N700系(その1)

2011年3月12日に博多-鹿児島中央間が全線開業した九州新幹線。
全線開業と共に新大阪から山陽新幹線経由で九州新幹線への直通運転も始まりました。
その直通運転用に導入されたのは、東海道・山陽新幹線で活躍中のN700系をベースにしたN700系7000番台と8000番台になります。
熊本にて、その姿を初めて見ることができました。
●山陽・九州新幹線用 N700系/つばめ334号 博多行き(2011年4月2日撮影)
山陽・九州新幹線用 N700系「つばめ334号」博多 行き/熊本にて(1)/2011.4.2
山陽・九州新幹線用 N700系「つばめ334号」博多 行き/熊本にて(2)/2011.4.2
山陽・九州新幹線用N700系は、JR西日本所属の車両が7000番台、JR九州の車両が8000番台を名乗ります。
外観からは見分けがつかないのですが、先頭車の車両番号の横にある小さなJRマークの色が分かれば見分けられます。(JR西日本は、JR九州は
このつばめ334号は画像を拡大してみると赤色のJRマークが見えましたので、JR九州の8000番台だったようです。
山陽・九州直通運用だけではなく、九州島内で閉じるつばめ号の運用にも充当されているようですね。
●山陽・九州新幹線用 N700系/さくら404号 新大阪行き(2011年4月2日撮影)
山陽・九州新幹線用 N700系「さくら404号」新大阪 行き/熊本駅/2011.4.2
こちらは新大阪へ直通するさくら404号が熊本駅に到着した所です。
鹿児島線ホームに停車している815系とのツーショットになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク