SL人吉(その1)

九州で唯一残る蒸気機関車(SL)は、大正生まれの8620形蒸気機関車 58654号機。
蒸気機関車のリバイバル運転が各地で始まる中、JR九州の手により静態展示から復帰。
1988年から2005年まで17年間にわたってに熊本から阿蘇・宮地を結ぶ「SLあそBOY」として運行されましたが、大きな故障を起こして、そのまま休車に。
古い蒸気機関車故に復帰は無理か…との声もありましたが、長い修復期間を経て2009年に見事復帰。
復帰後は、熊本から八代経由で肥薩線の人吉までに運行区間が変わり、列車名も「SL人吉」を名乗っています。
熊本駅の出発は9時44分、5番ホームより。
タイミング良くホームで間近に見ることができました。
●JR九州 SL人吉(2011年4月2日撮影)
JR九州 SL人吉 人吉行き(1)/熊本駅/2011.4.2
JR九州 SL人吉 人吉行き(2)/熊本駅/2011.4.2
JR九州 SL人吉 人吉行き(3)/熊本駅/2011.4.2
JR九州 SL人吉 人吉行き(4)/熊本駅/2011.4.2
黒光りした58654号機には、SL人吉のヘッドマークが付けられています。
後ろの客車3両もシックな雰囲気で、横のロゴがJR九州らしいデザインだなぁ…と感じましたね。
※ちなみに1990年に「SLあそBOY」として運行されていた時の写真もブログにアップしてあります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク