JR九州 787系 特急「リレーつばめ」

門司港から鹿児島線経由で西鹿児島(現在の鹿児島中央)に至る特急「つばめ」用として、導入された787系特急電車。
九州新幹線「つばめ」の新八代-鹿児島中央間が先行開業した時は、運転区間を新八代までに縮めて特急「リレーつばめ」として運行を継続しています。
●JR九州 787系特急 リレーつばめ(2010年6月6日撮影)
JR九州 787系 特急 リレーつばめ55号 新八代(鹿児島中央)行き(1)/博多駅/2010.6.6
JR九州 787系 特急 リレーつばめ55号 新八代(鹿児島中央)行き(2)/博多駅/2010.6.6
新八代での乗り換えははさむものの、九州新幹線「つばめ」と一体化して運行するので、博多からの下りは”鹿児島中央行き”、鹿児島中央からの九州新幹線「つばめ」は”博多行き”として案内されています。
もちろんサボも同様です。
博多駅でのリレーつばめ55号の出発案内/2010.6.6
鹿児島中央行きと書かれた787系のサボ/博多駅/2010.6.6
そんなリレー役に徹してきた特急「リレーつばめ」も、いよいよ来年3月の九州新幹線全線開業と共に新幹線にバトンタッチすることになります。
新八代での乗り換えも含めて、手元に記録を残しておくなら、今のうちですね。
787系 リレーつばめのロゴ/2010.6.6

スポンサーリンク
スポンサーリンク