JR九州 キハ183系1000番台 特急「ゆふDX」

白いかもめに乗って、長崎から博多へ移動。
約2時間の乗車で博多駅に到着しました。
博多駅で見かけた黄色い車両の列車、これが特急「ゆふDX」でした。
●JR九州 キハ183系特急 ゆふDX(2010年6月6日撮影)
JR九州 キハ183系1000番台 特急 ゆふDX5号 九大線経由 大分行き(1)/博多駅/2010.6.6
(左)特急 かもめ32号 博多行き/(右) 特急 ゆふDX5号 九大線経由 大分行き/博多駅/2010.6.6
JR九州 キハ183系1000番台 特急 ゆふDX5号 九大線経由 大分行き(2)/博多駅/2010.6.6
特急「ゆふ」は、久留米より九大線に入り、日田、由布院を経由して大分へ向かう特急列車で、JR四国から移籍したキハ185系が運行されていますが、一部の列車は特急「ゆふDX」としてJR九州オリジナルのキハ183系1000番台が使われています。
wikipediaによれば、このキハ183系1000番台は、「オランダ村特急」としてデビューし、「ゆふいんの森II世」「シーボルト」という変遷を経て「ゆふDX」に使われるようになったそうです。
そして2011年3月のダイヤ改正では、キハ183系1000番台は豊肥線に移籍し、熊本から阿蘇・宮地へ向かう観光特急「あそぼーい!」に転用されることが決まりました。
JR九州の発表によると、この姿で運行されるのは、2011年1月10日が最後になるそうです。
偶然とはいえ、貴重な瞬間を見ることができて良かったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク