播但線 103系3500番台

山陽線 姫路駅と山陰線 和田山駅を結ぶJR西日本 播但線。
関西から山陰へ向かう時のルートの一つとして、特急「はまかぜ」なども走る路線です。
長らくの間、全線非電化のためディーゼルカーで運行していましたが、姫路側の姫路-寺前間は直流電化されました。
電化にあたり投入されたのが、通勤形103系。
2両編成で運用するため、改造が発生し、3500番台として投入されています。
播但線 103系3500番台 普通 福崎行き(1)/姫路駅/2010.4.3
播但線 103系3500番台 普通 福崎行き(2)/姫路駅/2010.4.3
独特の赤色のカラーリングが目をひきます。
この3500番台は播但線専用なので、他では見ることができない珍しい車両となります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク