眼鏡橋と紫陽花

長崎市内の観光スポットとして良く知られている眼鏡橋。
日本最古のアーチ式石橋だそうです。
眼鏡橋/2010.6.6
さらに眼鏡橋のすぐそばで色とりどりに紫陽花(あじさい)が咲いているのを見ることができました。
眼鏡橋とあじさい(1)/2010.6.6
眼鏡橋とあじさい(2)/2010.6.6
紫陽花は、長崎に滞在したシーボルトのお気に入りの花だったそうです。
国外追放されたシーボルトは、ヨーロッパで日本の紫陽花の花を紹介するにあたって最愛の人の名前から「オタクサ」という学名をつけたとのこと。
そんな逸話から、長崎市内のいくつかの観光スポットを紫陽花が彩るイベントとして「ながさき紫陽花(おたくさ)まつり」が5月下旬から6月中旬まで開催されているのだそうです。
この時期に長崎を訪れたのは初めてでしたので、とても貴重な風景を見ることができました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク