京急蒲田駅(その1)

高架に上がった京急蒲田駅の上り線ホームの駅名標です。
◇京急蒲田駅 上り線ホームの駅名標
京急蒲田駅 上り線ホームの駅名標・4番ホーム/2010.5.16
京急蒲田駅 上り線ホームの駅名標・6番ホーム/2010.5.16
上が4番ホーム、下が6番ホームの駅名標です。
駅名の前に白いシールで目隠しがされていますが、近い将来、東京メトロや都営地下鉄などで実施済みの駅ナンバリングを導入するのではないか…と思われます。
ただし、梅屋敷と糀谷にはシールが貼られていますが、雑色には貼られていない所を見ると、品川から羽田空港までの間だけなのかも知れないですね。
さて上り線ホームにつけられた番号は4番、6番ホームということで5番ホームが欠番になっています。
◇2010年5月16日時点での京急蒲田駅のホーム案内
京急蒲田駅のホーム案内/2010.5.16
5番ホームはどこ?と思ったら、6番ホームの横浜寄りに切り欠く形でホームが続いていることに気づきました。
◇6番ホームの端から横浜寄りを望む
将来の京急蒲田駅5番ホーム?/2010.5.16
これが5番ホームとなるようです。
ホームの有効長から見て、ここには6両編成の普通電車が止まり、後から来た快特・特急を先行させられるようにする構造ですね。
普通電車と快特・特急、上り線ホームに入るエアポート急行との乗り換えが、階段なしでフラットに乗り換えられるという形になります。
12両編成+6両編成が横に並ぶ長いホームとなりますね。
ちなみに5月16日の時点では、5番ホーム上の線路の上に仮ホームがあり、その分快特・特急が横浜寄りに停車する形になっていました。
この形を使うには、ダイヤを変更する必要がありますので、次のダイヤ改正まではこのままとなるのでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク