JR西日本 485系 特急「雷鳥」(その2)

長らく続いていた北陸シリーズですが、いよいよこれが最後。
締めを飾るのは特急「雷鳥」です。
●大阪行き特急「雷鳥34号」/金沢駅にて(2010年1月18日、2月11日撮影)
特急 雷鳥34号 金沢発大阪行き(1)/金沢駅/2010.2.11
特急 雷鳥34号 金沢発大阪行き(1)/金沢駅/2010.1.18
大阪寄りにつながれているパノラマグリーン車は、485系特急では新しい方だったと思います。
特急 雷鳥34号 金沢発大阪行き(2)/金沢駅/2010.2.11
金沢寄りの先頭車は、貫通幌のない非貫通形。
485系列はボンネット車、貫通形、非貫通形と様々なタイプの先頭車が登場しました。
特急 雷鳥34号 金沢発大阪行き(3)/金沢駅/2010.2.11
クリーム色に赤色という往年の特急形カラーも今では貴重なものになってしまいました。
特急 雷鳥34号 金沢発大阪行き(2)/金沢駅/2010.1.18
アナログの方向幕を備えた特急車も本当に少なくなりました。
特急 雷鳥34号 金沢発大阪行き(4)/金沢駅/2010.1.18
特急「雷鳥」のヘッドマークです。
683系「サンダーバード」の増備が進む度に本数を減らしてきた「雷鳥」ですが、3月のダイヤ改正では定期運転列車が残り1往復になっているとのこと。
北陸線を支えてきた往年の名特急、今のうちに記録を残しておきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク