小田急 5000形

小田急 5000形には、同じ日に乗車することができました。
小田急5000形 各停 小田原行き/小田原駅/2009.11.7
箱根登山鉄道の小田原-箱根湯本間は、2006年から小田急線の車両のみが走るようになりましたが、wikipediaによれば、この時期から5000形は箱根湯本にも顔を出すようになったそうです。
#私が実際に乗ったのも箱根湯本からの小田原行き各停でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. かつては新宿~箱根湯本間の急行も設定されていたのですが2008年の改正で1日1便のみ残して廃止となり、現在は4両編成で新松田駅から登山線に直通する各停と小田原~箱根湯本間の登山線内の区間列車の2種類のみが残存する程度です。これは急行を小田原駅に10両の状態で乗入れさせる為であり、小田急の最新型車両である千代田線直通運用にも就く4000形も10両貫通編成となっていますよ。過去に新宿発の急行で頻繁に登山線に乗入れていた時期に5000形が6両で登山線内を走る姿が見られたと思いますが・・・。
    また登山線~小田急線を直通する急行が廃止されたのに合わせて1000形4両編成3本が登山電車カラーとなって現在は新松田~箱根湯本間専属運用に就いていますが6月頃に小田急線内での人身事故の影響で突発的に3000形6両と併結して新宿駅まで乗入れた日もあったようです。
    ちなみにこの5000形、4000形の増備によって次々と廃車に追い込まれている状況で・・・。世田谷代田~代々木八幡間における複々線化工事と地下移設工事が終了すれば即引退らしいです。

  2. おつきさま より:

    新幹線エキスパートさん、こんばんは。
    いつもコメントありがとうございます。
    5000形の箱根登山線乗り入れに関してはwikipediaの記事を参考にしたのですが、私が見間違えたか記事の内容が違うのかも知れませんね。
    小田急の複々線工事も少しずつ区間が伸びているようですが、それと共に旧型車が引退していくというのは、寂しいものですね。
    小田急線にはなかなか乗る機会がないので、見かけた時に撮影しておきたいと思います。