「懐かしの113系」電車の旅 団体列車

東海道線全線開通120周年及び横須賀線開業120周年を記念して、両線で活躍した国鉄113系電車による「懐かしの113系」電車の旅という団体ツアーが24日と25日の両日、運行されました。
#えきねっと限定募集だったそうです。
コースは東京から東海道線で国府津まで運行した後、折り返して大船からは横須賀線に行き横須賀へ。
その後、品川まで折り返してくるというもの。
身近を通る列車ということもありましたので、戸塚駅に出向いて撮影してみました。
「懐かしの113系」電車の旅 団体列車(1)/戸塚駅/2009.10.25
「懐かしの113系」電車の旅 団体列車(2)/戸塚駅/2009.10.25
国府津・横須賀寄りの4両が東海道線で走っていた湘南色(橙+緑)の113系、東京寄りの4両が横須賀線で走っていたスカ色(クリーム+紺)の113系で、ちゃんと専用のヘッドマークもつけられていましたね。
横須賀線から113系が引退してから10年、東海道線東京口での引退から既に3年半が経過しているということで、時間の流れの速さを感じてしまう列車でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 鉄出張!! より:

    懐かしの113系電車の旅 東京〜茅ヶ崎間編(国府津経由)

    さて、今日私は113系に乗った。東海道線から113系が引退したのは2006年3月17日を以って引退、以降は211系、E231系、E217系が東海道線を支える形となり、更に2008年3月7日に新たにE233系も加わった。まさに東京都心は性能の良い新型車両ばかりになってしまった。だが現在も関東地区で唯一113系が残存している地区がある。それは房総だ。房総の路線は内房線、外房線、総武本線、東金線、成田線、鹿島線。その区間では幕張車両センターに在籍するスカ色の113系が活躍している。が、東海道線運用から撤退…