近鉄 12200系

長谷寺駅を気持ち良く通過していった上本町行きの特急。
車種を確認したら、12200系と言う古い形式の特急車両でした。
近鉄特急 12200系 大阪上本町行き/長谷寺駅/2009.4.4
正面に車両番号がないので形式がわかりづらいですが、wikipediaでの写真を見比べて判明しました。
デビューはなんと40年前。一番新しい車両でも30年以上を経過しているとのこと。
新形式が登場しているので、少しずつ数を減らしているそうですが、子供の頃から見ていたこともあり、近鉄特急と言えばこのスタイルだと私は思っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 活躍期間40年とは、なかなか長寿車両ですね。東京だと長くて30年程度ですし、下手に209系のように新幹線並みに寿命が短いという形式もあるくらいですから・・・・。
    全くの別件ですが、考えてみると更新せずにある程度活躍したら廃車にするJR東日本の方針と、ある程度活躍したらできるだけ廃車にせず更新して引き続き使うJR西日本の方針ではかなりのギャップがあるように思えます。

  2. おつきさま より:

    新幹線エキスパートさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    鉄道車両で40年現役というのは私も凄いと思っています。
    #関西では、京阪電鉄が車両を長持ちさせるので有名だそうです。
    #40年は当たり前くらいの感覚とのことで…。上には上がいるものです。
    JR東日本とJR西日本の考え方の違いですけど、なんとなく「使えるうちはとことん使おう!」という精神が見え隠れするのは私だけなのでしょうか(苦笑)