脇町・うだつのある町並み

「四国三郎」の異名を持つ吉野川沿いにある脇町。
江戸時代から明治時代にかけて、藍染めの商いでにぎわった街です。
当時の町並みがほとんどそのままの形で残っている貴重な場所なのです。
脇町・うだつのある町並み(1)/2009.8.11
脇町・うだつのある町並み(2)/2009.8.11
商家の建物の屋根に突き出た建築物が”うだつ”。
防火壁の役割を持っていますが、造るのにお金がかかってしまうこともあり、「うだつがあがらない」の語源にもなったそうです。
#そういえば海野宿にも同じものがありましたね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク