山形新幹線「つばさ」 400系

東京から山形を結ぶ山形新幹線「つばさ」。
1992年に開業してから既に17年を経過し、首都圏から山形へのアクセスが便利になりました。
その山形新幹線専用車両として開業当時から使われてきたのが400系です。
400系 つばさ177号 山形行き(1)/山形駅/2009.2.21
400系 つばさ177号 山形行き(2)/山形駅/2009.2.21
この400系にも世代交代の話が出ています。
山形新幹線と同じ新在直通スタイルで開業した秋田新幹線「こまち」でデビューしたE3系が、後継車種に決まり昨年冬から増備を始めているそうです。
今のうちに400系が走る姿をいろいろな機会で残しておきたい所ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 昨年末より、E3系2000番台が従来の400系を次々と淘汰させていっているようです。E3系1000番台とは先端部のライトの形状や行き先表示のフルカラーLED化などの面でいろいろと異なっています。
    400系が見られるのも長くとも今年の夏までで、今となってはほとんど置き換わっていて400系を見る事ができるのも結構マレになってきたのではないでしょうか。

  2. おつきさま より:

    新幹線エキスパートさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    E3系2000番台は先日乗る機会に恵まれました。
    N700系に準じた車内は快適そのもの。さすが最新型ですね。
    夏までというと、あまり日にちもありませんので、東京駅などで記録してみてはいかがでしょう。
    #入場券を購入すれば、新幹線ホームには入れますので。