山陽新幹線 JR西日本 700系7000番台「ひかりレールスター」

今日は何をアップしようか悩みましたが、これにします。
N700系の増備が続く東海道・山陽新幹線ですが、現在の主力は700系。
この700系の中で異彩を放つのが山陽新幹線でのみ使われている「ひかりレールスター」用の700系7000番台です。
JR西日本 700系7000番台「ひかりレールスター445号」博多行き(1)/姫路駅/2008.11.9
同じ700系でもカラーリングが違うとこんなにも印象が変わります。
なんとなく速そうに見えるのは私だけでしょうか(^_^ゞ
JR西日本 700系7000番台「ひかりレールスター445号」博多行き(2)/姫路駅/2008.11.9
中は2列+2列というゆったり設計で、ひかりの料金で乗れることもあり、人気は高いようです。
1回だけ乗ったことがあるのですが、また乗ってみたいものです。
JR西日本 700系7000番台「ひかりレールスター445号」博多行き(3)/姫路駅/2008.11.9

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 700系の最高時速は270km/hだったと思いますがこのレールスターは285km/hです。ちなみに山陽新幹線の「こだま」に充当されている8両編成の500系の最高速度もこのレールスターと同じです。500系も8両になってからは両数が短くなった関係で搭載機器の重さが速度にも響いて16両時代の時速300km/hを出せなくなってしまっている訳なのです。
    このレールスターも九州新幹線全通と共にN700系7000番台充当の「さくら」に列車名が変わり、700系7000番台は「こだま」に転属、100系を全廃させるという予定になっています。カラーリングは確実に帯が黄色から黄緑に変わり、更にレールスターのロゴも外されるのではと思います。

  2. おつきさま より:

    新幹線エキスパートさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。
    500系のこだま8両運用はあまり見たくない気もするのですが(苦笑)、走っているだけでも良しとするしかないのがこの世界なので、JR西日本のフラッグトレインとして頑張って欲しいですね。
    嬉しい変化、悲しい変化、いろいろありますけど、0系引退の際に思ったことは、今目の前で起きてることは確実に記録に残しておくこと、それだけは言えますね。
    新大阪まで行かないとレールスターには会えないのですが、新幹線エキスパートさんも、ぜひ今のレールスターなど変化が予想される列車が走る姿を記憶に残しておいて下さい。
    なんと言っても鉄道車両は走っている姿が一番ですので。