石橋記念公園

江戸時代末期、薩摩藩は鹿児島市内を流れる甲突川に、5つの石橋を架け、人々の往来の自由度を高めました。
甲突川五石橋と言われたこの石橋は、平成を迎えるまでずっと現役で活躍していたのですが、豪雨による水害で2つの橋が流されてしまいます。
このことがきっかけとなり、残った3つの石橋を別の場所に移設して保存することになりました。
石橋記念公園では、移設した3つの橋を自由に見学することが可能です。
結構大きな橋なので、見ごたえも渡りごたえもありそうです。
石橋記念公園・西田橋/2008.9.16
他の橋では、大河ドラマ『篤姫』のロケにも使われたそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク