小田急60000形 MSE 湘南マリン号

今年の夏、小田急では7月22日から8月22日までの1ヶ月間、平日限定で多摩線の唐木田から江ノ島線の片瀬江ノ島へ直通する臨時特急「湘南マリン号」を運転していました。
その「湘南マリン号」に充当されたのが、青いロマンスカー MSE(60000形)です。
「湘南マリン号」については、1日だけRSE(20000形)が運用に入った7月25日に撮影に成功しましたので、本来の運用であるMSEについても撮影しておこうと思い、8月15日に片瀬江ノ島に出向きました。
●片瀬江ノ島に到着目前のMSE「湘南マリン号」
小田急60000形 MSE 臨時特急「湘南マリン号」 片瀬江ノ島行き(1)/片瀬江ノ島-鵠沼海岸間/2008.8.15
小田急60000形 MSE 臨時特急「湘南マリン号」 片瀬江ノ島行き(2)/片瀬江ノ島-鵠沼海岸間/2008.8.15
「湘南マリン号」は、MSEの6両編成で運転されました。
初めて分割された編成の先頭車を見たのですが、そんなに違和感は感じませんでしたね。
片瀬江ノ島駅では、たくさんの人たちに囲まれて記念撮影されていたようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 湘南マリン

    7月22日から小田急多摩線の唐木田と小田急江ノ島線の片瀬江ノ島間を平日だけ運転の