大覚寺(その5)

本堂を後にして、外へ出た後、大沢池の畔へ。
畔の入口で大覚寺の拝観券を見せれば、中へ進むことができます。
※大沢池の周囲だけに行く場合は、ここで拝観料を納める形。
そして、いよいよ今回見たかった風景が目の前に現れました\^o^/
大覚寺(9)/大沢池より2007.12.2
JR東海のCMでは、池の向こう側に三重塔がありましたので、別のアングルからになるようですね。
少し歩くと、その三重塔が湖面に映る場所がありました。
大覚寺(10)/大沢池より2007.12.2
すっかり満足して、大沢池の周囲をある程度歩いた後、大覚寺の拝観は終了。
見たいものが見られたので良かったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. あおい より:

    かつて修学旅行で訪れる場所を決めたのですが、私が行きたかったのが「大覚寺」でした。関西出身の知り合いにおすすめ、と言われていたからです。映画の撮影とかにもよく使われるくらい風格のある場所だと聞いて興味を持っていました。
    が、そこはグループ行動。
    他の観光スポットと折り合いがつかず、未だに行けていないんです。
    私は古典が好きだったので、京都に非常に興味があるのですが、なかなか訪れる機会がないんですよね。
    この写真の風景、美しいですね~。
    赤と緑がバランスの良い感じですね~。

  2. おつきさま より:

    あおいさん、こんにちは(^^)/
    コメントありがとうございます。
    本当にこの風景は美しいと思います>大覚寺
    昔の人はこのバランスまで考えたのでしょうか、だとすると凄いなぁ…と思うことしきりです。
    京都は奥が深くて、何回行っても新しい発見ができる街。
    今すぐは無理かも知れませんが、そのうちあおいさんにもチャンスが訪れると思いますよ。
    その時はぜひ大覚寺を訪れてみて下さいね。

  3. 冬薔薇 より:

    やはり この画像は素晴らしいですよね。
    上のエントリーの「紅葉と人力車」も
    京都ならではの趣があるような・・・

  4. おつきさま より:

    冬薔薇さん、こんにちは(^^)/
    コメント&画像をほめて頂いてありがとうございます。
    撮影している人の腕を補って余りある風景のおかげです(苦笑)
    京都・滋賀シリーズもそろそろ終わりに近づきましたので、次のネタを探しておきます(^_^ゞ
    #良かったらクイズにも参加してみて下さいね(^o^)v