ブルートレインの行く末は…

今朝の朝日新聞朝刊(東京版)の1面を飾ったのは、ブルートレインの話題でした。
◇asahi.comの記事
 http://www.asahi.com/life/update/1117/TKY200711170276.html
毎年少しずつ削減されてきたブルートレインが来年春のダイヤ改正でもなくなる予定とのこと。
今回は大阪-九州間を結ぶ唯一の寝台特急として残っていた「なは」「あかつき」、そして長らくビジネスマンに愛用されてきた東京-大阪を結ぶ寝台急行「銀河」が対象になっています。
さらに記事によれば「北斗星」「日本海」も1往復に削減されるそうで、寂しい限りです。
残ったブルートレインも再来年春には東京-九州間を結ぶ最後の寝台特急「はやぶさ」「富士」が廃止予定という話が盛り込まれており、「サンライズ瀬戸・出雲」は残るものの、正真正銘のブルートレインが東海道・山陽線から撤退するという昔なら想像もつかなかった事態が訪れようとしています。
飛行機の充実、新幹線網の拡大、高速バスの台頭と逆風ばかりでもあり、実際に私もここ最近は乗る機会がほとんどなくなってきているので、何とも言えませんが、せっかくの鉄道ブームでもあり、奇跡が起きないかなぁ…と思ってしまいます。
何はともあれ、これからは機会を見てブルートレインの記録を残していくことにします。
東京へ向かう 寝台特急 富士・はやぶさ/横浜駅7番ホーム/2006.12.8

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. HIRO より:

    富士を牽引しているEL、格好いいですね。看板列車を牽引するにはふさわしいです。
    この間特急、富士、北斗星を見てきました。
    寝台特急打ち切りの噂もあり、カメラに収めるのは今のうちと思いました。
    北斗星は札幌までなので、人気が高く結構いっぱいのようでした。
    ただ、カシオペアに比べると車体も老朽化して一寸差を感じました。
    富士はいまや大分・熊本どまりで昔日の面影ありませんでした。
    かって夜の東京駅は寝台特急が次々に発車して行き、花形列車が多かったです。あさかぜ1・2、さくら、出雲、はやぶさ・富士と続いていました。管理人様が撮られている富士のほかに北斗星などを特集しました、また昼のお台場ゆりかもめ未来都市など、写真も豊富ですので、僕のブログにも遊びにきてください。

  2. おつきさま より:

    HIROさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
    ブログも拝見させて頂いてます。
    今は鉄道博物館の記事を書かれているようなので、楽しみです。
    寝台特急は昔こそ花形だったのですけど、ここ数年の車両の傷みは見るに見かねるものがありました。
    サンライズエクスプレスとかは、この流れに一石を投じるものとして期待はしていたのですけど…。
    最後の運行が終わるまで安全に運行することを願ってやみません。