水無川橋梁を渡る

諫早行きの列車は、水無川橋梁を渡りました。
島原鉄道の車窓:水無川橋梁を通過/2007.9.1
雲仙・普賢岳の噴火では土石流と共に火砕流が流れた川として名前が呼ばれた水無川。
噴火活動が収まった後、防災工事が行われ、橋梁も今のような形になっています。
島原鉄道の車窓:瀬野深江-安徳間・水無川橋梁を渡った所で…。眉山/2007.9.1

スポンサーリンク
スポンサーリンク