徳川家康公の像

江戸東京博物館の入口近くに、ちょっと変わった像がありました。
徳川家康公の像/2007.8.18
江戸幕府を開き、江戸の街を発展させた徳川家康公の像でした。
像の下にあった説明によれば、江戸東京博物館の開館を記念して贈られたものだとか。
左手には鷹狩りの鷹を携えている立像ですが、なぜか?亀の台座の上に乗っているので、結構目につきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク