東急5050系

東急線では最新の車両なのですが、今やすっかり東横線の顔となりつつある5050系電車。
5000系の東横線バージョンとして、ピンクのアクセントカラーと共に各停、急行、特急と大活躍しています。
実はこの5000系の系列は、JR東日本のE231系電車をベースとして部品の共通化を図っているのだとか。
結構E231系電車の血筋を持つ通勤電車は多いみたいですね。
ちなみにこの画像は菊名駅でのものです。
菊名と言えばJR横浜線との乗り換え駅であると同時に、8000系以降の8両編成の電車ではホームが短いので渋谷寄り1両をドアカットすることでも知られていました。
菊名-大倉山間を高架化する時にホーム横の踏切を廃止したので、やっとドアカットしなくても良くなりました。
#ちなみに、画像では5050系の上に写っている歩道橋が踏切廃止の代わりにできたものです。
しかし東京メトロ13号線との直通運転が始まると、東横線の電車も10両編成に伸ばすそうです。
5050系も中間車を追加するのでしょうが、古い駅のホームを10両対応に伸ばすのは、これまた大変な工事ですよね…。ホントご苦労様です(苦笑)>東急
各停 渋谷行き 東急5050系電車/菊名駅にて/2006.9.9

スポンサーリンク
スポンサーリンク