幌舞駅(その1)

映画「鉄道員(ぽっぽや)」の舞台として登場する終着駅、幌舞駅。
物語の中での架空の駅なのですが、映画のロケにはJR北海道 根室線の幾寅(いくとら)駅と駅前の周辺にセットを組み立てて使っていました。
映画の撮影終了後もロケセットはほぼそのまま残してあり、町おこしのための観光スポットとして紹介されることも多くなっています。
国道38号線から一歩入った駅前広場より見る駅舎の看板も「幌舞駅」のままです。
幌舞駅の看板がそのまま残る駅舎

スポンサーリンク
スポンサーリンク