さようなら、寝台特急「出雲」。また逢える日まで…

明日3月18日のダイヤ改正で廃止となる寝台特急「出雲」
いよいよ今日が最終日の運行になります。
東京から京都を経て山陰線経由で全盛期は浜田まで足を伸ばしていましたし、鳥取方面の「いなば」が「出雲」に名前を変えて2往復になった時期もありました。
時間を経て1往復が「サンライズ出雲」として伯備線経由の寝台特急に生まれ変わったのは、皆さんご承知のとおりです。
夜行高速バス全盛、飛行機の多頻度化の波を受ける中で割高な寝台特急は乗る人が少なくなってしまったのはどうしようもないのでしょうけど、まだまだゆったりとした旅を楽しみたいという人もいるはずなので、寂しい限りではあります。
東京駅 10番ホーム、21時10分
たくさんの人たちに見送られて寝台特急「出雲」は神話の国、出雲へのラストランに旅立ちます。
1鉄道ファンとして、何年か先にバージョンアップして復活する姿を期待します。
東京駅10番ホームから出発する寝台特急「出雲」

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント

  1. 特急「出雲」廃止(※客車列車のほうです)

    「つるぎ」、「あさかぜ」、「さくら」、「彗星」とJRのいわゆるブルートレインの廃

  2. そして出雲も去り…

    直前の記事でも書きました通り、仕事帰りに東京駅に寄って「出雲」の最後の雄姿を見て