函館の市電

函館の中心部には今も市電が残っています。
歴史は函館の街同様に古く前身の馬車鉄道が開業したのは1897年(明治30年)。
路面電車のスタイルにはなったのは1913年(大正2年)で、その後1943年に市交通局の運行に代わり、市電として親しまれてきました。
1993年に函館駅前からガス会社まわりで五稜郭公園前までの路線が廃止されたものの、今でも湯の川から函館駅前を経由して谷地頭、函館どつく前まで2つの系統が元気に運行しています。
これからも頑張って欲しいですね。
十字街の交差点を右折してくる函館の市電。十字街電停にて

スポンサーリンク
スポンサーリンク