長野新幹線 あさま

今週は鉄道シリーズでお届けしてきました。
今日は長野新幹線 あさまです。
長野オリンピック開催に間に合わせるという大義名分もあり、1997年に高崎-長野間が開業した長野新幹線。
正式には整備新幹線である北陸新幹線の区間開業なので、開業当時は「長野行新幹線」なんて表示もあったようです(苦笑)
列車の愛称は上野-長野・直江津間を高崎線・信越線経由で運行していた特急「あさま」から譲り受けました。
“あさま”自体は軽井沢を過ぎると見える活火山、浅間山からもらっています。
群馬・長野の県境にある碓氷峠も在来線の北側に迂回することで乗り越え、東京-長野間を最速の列車は1時間半たらずで結んでしまいました。
当初の計画どおり、北陸新幹線の工事が長野から先も進められているので遠い将来は金沢まで新幹線が走ることになりそうです。
その時はどんな列車が走るのでしょうか…。
長野新幹線 あさま/東京駅にて

スポンサーリンク
スポンサーリンク