天窓洞(てんそうどう)

伊豆西海岸の堂ヶ島は、たくさんの島が織りなす風景が似ていることから「伊豆の松島」と呼ばれているそうです。
その堂ヶ島で有名なのが天窓洞(てんそうどう)。
石灰岩質の岩が海により削られてできた浸食洞窟だそうで、富士山の噴火で海底から隆起したとか。
この洞窟の中には海水が満たされており、洞窟ではめずらしく天井に穴があいている部分があります。
ここを天窓に見立てている訳ですね。
堂ヶ島から出る遊覧船はこの洞窟の中に入っていきます。
気分はちょっとだけ川口浩探検隊(古い(笑))。楽しいですよ~。
天窓洞

スポンサーリンク
スポンサーリンク